BCGワクチンとは?予防接種の時期や副作用は?注射跡は残る?

BCGワクチンとは?予防接種の時期や副作用は?注射跡は残る?

赤ちゃんを感染症から守るために必要な予防接種にはいろいろな種類がありますね。その中の一つに「BCGワクチン」があり、名前を聞いたことがある人も多いと思います。では、具体的にどんな病気から赤ちゃんを守るための予防接種なのでしょうか?今回はBCGワクチンとはどういうものか、接種時期や間隔、副作用、注射跡が残るのかどうかについてご説明します。

赤ちゃんを感染症から守るために必要な予防接種にはいろいろな種類がありますね。その中の一つに「BCGワクチン」があり、名前を聞いたことがある人も多いと思います。では、具体的にどんな病気から赤ちゃんを守るための予防接種なのでしょうか?今回はBCGワクチンとはどういうものか、接種時期や間隔、副作用、注射跡が残るのかどうかについてご説明します。

BCGワクチンとは?どんな効果があるの?

? 空 雲 青空

BCGは、結核菌の感染を予防するためのワクチンです。乳幼児は結核菌に感染するとかなりの確率で結核を発症するため、小さいうちに予防接種を受けることが大切です。

乳幼児のときに予防接種を受けることで、その後の結核の発症を52~74%ほどに抑えられるといわれ、重症化するリスクも64~78%ほどになるといわれます(※1)。その効果は10~15年くらいは続くと考えられているので、万が一に備えてできるだけ早めに受けてください。

BCGワクチンの予防接種を受ける時期は?同時接種できる?

チェック カレンダー 予定

BCGは1回接種で効果を発揮するので、生後12ヶ月までのどこかで受ければよいとされています。ただ、予防接種の時期が遅くなるほど結核菌に感染するリスクも高まるので、日本小児科学会では生後5~8ヶ月の間に受けることを推奨しています(※2)。ほかのワクチンと同時接種することもできるので、かかりつけ医に相談のうえスケジュールを組みましょう。

基本的には5~8ヶ月の間に受ければ大丈夫ですが、地域で結核が流行しているようなときには接種時期が早まることもあるので、早めに受けたほうがよいかどうかも相談しておくと安心です。

なお、BCGは定期予防接種なので、費用は無料です。

BCGワクチンの予防接種後に副作用はある?膿が出るの?

子供 泣き顔 痛い 悲しい

BCGは毒性を弱めた結核菌を体内に直接入れる「生ワクチン」なので、接種後に副作用が現れることがあります。重度な副作用が現れることは稀で、接種部位が赤くなったり腫れたりすることがあるくらいです。

また、よく見られる副作用としては、接種後2週間ほど経ってから針の跡の部分がジュクジュクして膿のようなものが出てくることがありますが、これは抗体をつけるための反応で1ヶ月くらいすればかさぶたになって自然に治まってくれます。ただし、ジュクジュクと膿んだ状態が数ヶ月以上続くようなときは早めにかかりつけ医に相談してください。

BCGワクチンの予防接種の跡は残るの?

BCGはほかの予防接種とは違い、細い針が9本ついたスタンプのような注射を二の腕に2ヶ所押し付けて打つので跡が残りやすいのが特徴です。ママやパパの二の腕にも注射跡が残っているかもしれません。

注射跡が残るかどうかについては個人差があり、成長過程でほとんど目立たなくなる人もいれば、うっすらと注射跡が残ってしまう人もいるので、注射跡を気にする人も多いと思います。しかし、それを嫌って予防接種を躊躇すると結核のリスクが高まってしまいます。子供の健康を守るためにも、適切なタイミングで予防接種を受けさせてあげてください。

※1参考文献: 厚生労働省「結核(BCGワクチン)」※2参考文献: 日本小児科学会「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」

免責事項

BCGワクチンとは?予防接種の時期や副作用は?注射跡は残る?の関連タグ
BCGワクチンとは?予防接種の時期や副作用は?注射跡は残る?の関連記事